愛知・名鉄知多半田駅前の”ぶらぶら歩き”商店街

ホームページ内を検索!
街の紹介 半田市の観光スポット・見どころ

1. 小栗家住宅

明治初期の建築と推定される豪商邸宅で、国登録有形文化財です。梁が太く造りも丁寧な建物ですが、こちらの住宅は現在個人所有になっており、毎年4月中旬~5月上旬のバラの開花時期だけが特別公開となり、庭で「萬三の白モッコウバラ祭」が開催されます。可愛らしい花をつけるモッコウバラ。特に白モッコウバラは優しく甘い香りを放ちます。

 

■愛知県半田市中村町1-40

2. 半田運河・蔵の街

早くから開けた海運により知多半島の産物である酒や酢、木綿などが江戸、大阪などに運ばれていました。その醸造業に代表される黒板囲いの蔵が半田運河沿いに今も現役で活躍しています。半田運河周辺は江戸時代から造られている酢のかおりが漂い、環境省の「かおり風景100選」に選ばれていて、今でも時代の移り変わりを感じていただけます。

 

■愛知県半田市中村町周辺

3. 半田赤レンガ建物

明治31年(1898年)、明治建築界の巨匠、妻木頼黄の設計により、カブトビールの製造工場として建造されました。レンガ建物としては全国屈指の規模を誇ります。様々なイベントが開催され、特に「赤レンガマルシェ」は毎月第4日曜日に開催される人気のイベントとなっています。

 

 

■愛知県半田市榎下町8

http://handa-akarenga.jp

4. ミツカンミュージアム

お酢でおなじみのミツカンの本社横の敷地にある、子供から大人まで楽しめる体験型博物館。運河沿いの黒塀の景観とともに、酢づくり・醸造の技術、食文化の歴史と魅力に親しめる博物館です。「なりきり寿司屋さん」では、粘土で作ったお寿司づくりを体験したり、記念写真を持ち帰ることが可能。自分の写真から「マイ味ぽん」を作ることもできます。

■愛知県半田市中村町1-40

http://www.mizkan.co.jp/mim

元井戸

おおまた公園

イルミネーション

(冬季限定)

⑧ ① ④ ⑤ ⑥ ⑦ ② ③

5. 半田市鉄道資料館

「半田市鉄道資料館」は、JR半田駅北側にあります。昭和46年に旧国鉄から貸渡しを受けたC11265蒸気機関車(SL)が展示されており、全国でも最初に開設されたローカル線の一つである「武豊線」を中心とした貴重な鉄道資料を公開するミニ産業博物館です。

 

 

 

 

■愛知県半田市御幸町110-4

6. 旧中埜家住宅

明治44年に中埜家第10代半六が英国で見た欧米住宅の美しさに惹かれ別荘として建築したものです。昭和25年、第11代の半六によって設立された桐華学園の本館として昭和63年まで用いられました。昭和51年には国の重要文化財に指定されあした。飾り窓やバルコニーが明治・大正浪漫を感じさせます。現在は工事中のため、中には入ることが出来ません。

 

■愛知県半田市天王町1-30

7. JR半田駅 渡線橋

JR武豊線半田駅構内にある線路をまたいでホームとホームを結ぶ陸橋です。明治19年(1886年)に開通した歴史ある鉄道路線「武豊線」の半田駅にある跨線橋です。明治43年11月に設置され、使用されています。現在使用されているJRの跨線橋では最も古いものとなっています。

 

 

 

■愛知県半田市御幸町110-1

8. 前明山光照院

1605年空念専慶和尚により開院しました。1835年観音堂と山門を残し焼失、その後再建し現在に至っています。別堂の観音堂にある秘仏の聖観音像(市指定文化財)は、聖徳太子作あるいは漁師の網にかかったと伝わっています。境内には、願掛け千体地蔵尊や交通のお守り・くるま地蔵尊が祀られています。大師堂横には雌芯3本の珍しい種類の椿があります。

 

■愛知県半田市東本町2-16

半田ランブリングタウン協同組合(Rambling Town)

Copyright (c)ランブリングタウン. All Rights Reserved.

事務局: 〒475-0857 愛知県半田市広小路町7

     TEL 0569-21-2858